補聴アプリ:EasyHearingAid

iPhone/iPod touch用アプリケーション

EasyHearingAid

ダウンロードはこちらから…
EasyHearingAid

1,200円
■機能および用途
iPhoneの内蔵マイクから周囲の音声を収集し、音域・音量等の調整をして、iPhoneに接続したイヤホン、ヘッドホンから音声を出力するアプリ
・難聴者の”聴こえ”を助ける
・健聴者が使用して簡易に難聴者の体験をする

■仕様
・出力方法 : ステレオ出力
・設定方法 : 左右の耳を別々に設定
・設定保存数 : 3個
・出力周波数 : 125Hz?5,000Hz
・周波数帯の分割数 : 13個
・出力音量設定 : 5段階
・使い方画面
 
ScreenShot Screen Shot for EasyHearing Aid

 
↑top↑

書籍、電子書籍

大坪健二の失聴体験談

電子書籍はAmazon。冊子版はメールに購入申込を受け付けております。

中途失聴者をハッピーに![右耳失聴体験編]: 失聴体験をメッチャオープンに語ります!中途失聴者をハッピーに![右耳失聴体験編]: 失聴体験をメッチャオープンに語ります!
Amazon
著者が、おたふく風邪の合併症であるムンプス難聴によって右耳を完全失聴した際に、著者に何が起こり、著者がその時どのように感じたのか、発熱して異変に気付いた時から、治療が終了し両親に報告するまでのおよそ2週間の記録です。
片耳生活は突然に! 2退院直後編: 「中途失聴者をハッピーに!」シリーズ第2弾片耳生活は突然に! 2退院直後編: 「中途失聴者をハッピーに!」シリーズ第2弾
Amazon
入院治療が終了してからおよそ1カ月間の記録です。
片耳生活は突然に! 3半年以降編: 「中途失聴者をハッピーに!」シリーズ第3弾片耳生活は突然に! 3半年以降編: 「中途失聴者をハッピーに!」シリーズ第3弾
Amazon
発症後、半年以降の記録です。
 

<内容紹介>

“中途失聴者“って何?
著者自身が失聴したことで、初めてこの言葉を知りました。
先輩にはどんな人がいるんだろう?
みんなどんな体験をしてきているんだろう?
著者の体験を通じて、その一部をご紹介いたします。

購入方法のご案内

<冊子版>

(1)申込者氏名
(2)ふりがな
(3)数量
(4)郵便番号
(5)住所
(6)連絡先E-mailアドレス

上記内容をメールにてご連絡下さい。
注文内容の確認および振込先などをメールにてご連絡差し上げます。
(発注メールフォームの設置まで、この方法で対応致します。ご了承ください。)

<Kindle版>

リンクからamazonのサイトへ移動して購入下さい。
※購読にはKindleまたはKindleアプリのインストールが必要です。

↑top↑



”聴こえマーク”キーホルダーについて

"聴こえマーク"の創設、普及推進

創設の目的


自らの障害・特性・個性を社会に対して自己表現していくため。(視認を容易にするため)
(参考例:"白杖を持った盲人"、"マタニティマークを携帯した妊婦さん")


聴こえマーク = Hearingマーク

・全体の形状
 耳の形をイメージできる形状を採用
・中央部の"H"の文字
 聴こえを示す英語"Hearing"の頭文字を採用
・カラー
 暖かい印象を持つ暖色のオレンジ色(DIC160相当)を採用

自分の障害・特性・個性を受けとめる
→自分の障害・特性・個性を表現する
 → 周囲の人がそれを認識し始める
  → 周囲の人がそれについて考え始める
   → 社会がそれに対して変わる必要性に迫られる
    → 社会が少しずつ変わり始める


↑top↑

キーホルダー外観

300円(送料込)

φ50のボールチェーンキーホルダー

聴こえマークキーホルダー表面
表面

聴こえマークキーホルダー裏面
裏面

↑top↑